HOME ≫ コラム一覧 ≫ アクリルパーテーションで会話が遮られないために!窓口にkicoeriを設置する方法

アクリルパーテーションで会話が遮られないために!窓口にkicoeriを設置する方法

アクリルパーテーション越しの会話をスムーズに kicoeriのおすすめ設置方法

kicoeriはアクリルパーテーションへの簡単設置で会話をしやすくする音声補助装置です。「どこに設置したらいい?」「こんな場合も設置可能?」という課題を解決する設置方法もあります。

窓口や受付に音声補助装置を設置する方法

会話をスムーズにするためにkicoeriを活用する場合、設置方法・設置箇所にも注目してみましょう。

kicoeriの基本的な設置方法

<使用する機器>

  • kicoeri親機×1

  • kicoeri子機×1

  • 親機と子機を接続するケーブル×1

  • 電源ケーブル×1

方法と書かれているミニ黒板

<設置方法>

  1. 親機と子機を接続ケーブルで繋ぐ

  2. 電源ケーブルを親機と子機に繋ぐ

  3. 親機・子機背面についているマグネットでアクリルパーテーションを挟むように取り付ける

※音量調整ダイヤル・電源スイッチがついているほうが親機です。
※親機はスタッフ様側、子機はお客様側となります。

こんな場合はどうしたらいい?

<ケーブルをすっきりと収納したい場合>
すでにkicoeriを導入いただいている店舗や施設などでは、ケーブルクリップ・ダブルクリップが活用されています。

  1. ケーブルが散らばらないようにまとめて1番近い縁まで持ってくる

  2. ケーブルクリップ・ダブルクリップを使い、ケーブルが散らばったり垂れたりしないように固定しながら這わせる

透明なアクリルパーテーションに合わせてクリアタイプ・シルバータイプのクリップを使うと、目立たず見た目もすっきりします。特にクリップを活用すると「マイクに向かって話しかけてください」など簡単なメモ書き程度のガイダンスも設置できるので便利です。


また、周囲のレイアウトや内装のコンセプト次第では、あえてデザイン性の高いクリップを使うのもおすすめです。例えば、kicoeriは病院・クリニックの窓口でもご活用いただいており、小児科など小さなお子様もくるような窓口での活用も有効です。そこでおしゃれなパステルカラーのクリップやかわいい動物・キャラクターのクリップを活用すれば、受付窓口のレイアウトも楽しく華やかになります。

<音が遠く聞こえる場合>
kicoeriはマイク部分が着脱可能です。マイクケーブルは60cmまで延長可能なのでマイク部分だけ、より口元に近い位置に設置してお使いいただけます。マイクの固定はマグネット・両面テープなどがおすすめです。

また、kicoeriそのものを近づけるという方法もあります。


kicoeriは背面にマグネットがついています。そのため100円ショップで購入できるマグネットパネルなどを活用すれば取り付ける場所を選びません。また、金属製のブックエンドを使うとちょっとした書類収納スペースも増やせます。
窓口のレイアウトによってはスタッフ側とお客様側の高さが違うこともあります。スタッフ側に設置している親機をお客様から見えないようにすると、会話のしやすさは変わらずさらにすっきりとした印象になるでしょう。

<ビニールタイプのパーテーションのため重量が心配という場合>
kicoeriはマイクとスピーカーを含めた本体の重さが親機125g、子機110gしかありません。いずれも単1電池より少し軽い程度です。ビニールパーテーションを支える柱・桟の部分を強化し設置個所を固定すれば十分耐えうる重さです。
もしご不便でしたら、金属製ブックスタンドなどを活用して本体は手元に近いところに設置し、マイクだけビニールパーテーションに取り付けてみてください。


kicoeriを設置したい場所・位置はご利用環境によって独自の工夫が必要になることも少なくありません。より会話しやすい環境をつくる設置方法もお気軽にご相談ください。

アクリルパーテーション越しの会話をスムーズに トライアルも実施中

アクリルパーテーション越しの会話をスムーズにする音声補助装置として、kicoeriは様々な方にご注目いただいています。しかし、音声補助マイクスピーカーを導入したくても、設置場所の確保や設置方法にネックを感じている方もいらっしゃるかもしれません。

  • ケーブルが煩雑になってしまう

  • 設置する場所がなくて音が遠く聞こえてしまう

  • ビニールタイプのパーテーションなので設置が難しい など
     

TRIALの積み木と電球

このような設置環境によるお悩みは、100円ショップなどで手に入るグッズの活用で簡単に解決できることがあります。また、kicoeri本体には取付用のマグネットを装着し、マイク部分のみの延長も可能です。レイアウト上のごちゃごちゃ感なく、すっきりとした見た目を維持したまま設置できます。

「導入を検討しているけど、設置が難しいかも…」とお悩みでしたら、お問い合わせフォームやお電話からお気軽にご相談ください。

 

また、5日程度のトライアルで使い心地を体感いただくこともできます。本格的な導入を想定した会話のしやすさや設置場所・方法の調整をお試しいただけますので、お気軽にお申し込みください。

窓口でパーテーション越しに会話をしやすくするマイクスピーカーならファーフィールドサウンドへ!

Company name

CEO

​OFFICE

Establishment

E-MAIL

URL

Far Field Sound Corporation

Yoji Ishikawa

Tokyo, JAPAN

Sep 2016

 

 

support@farfieldsound.com

https://www.farfieldsound.com/