聞こえサポート

kicoeri.png

kicoeri は、飛沫感染防止用のビニールやアクリルパーティションに手軽に取り付けられる双方向会話アシストシステムです。従業員とお客様のコロナ感染予防をしながら、大声を出さなくてもマスク・パーティション越しの聞き取りづらい会話が聞き取りやすくなり、「聞こえない」ストレスから解放されます。

title1.png
kicoeri画像1.jpg

新型コロナウイルスの蔓延で、スーパーのレジや病院の受付等様々な場所で感染防止のビニールシートやアクリル板が人々を仕切り、マスクを着用して会話をすることが当たり前の光景となりました。お客様と接客スタッフの安全と引き換えに、お互いの声が「聞き取りづらい」ストレスが日常的に増えています。
店頭でも簡単に使える会話を補助する装置があれば良いのだけれど、簡単そうに見えて実は技術的には非常に難しい。でも音のプロフェッショナルである私たちが実用化した「走行中の自動車の中で聞き取りづらい前席と後席の会話を聞こえやすくする技術」を応用すれば問題を解決できるはず、今こそ世の中の役に立てるのではないか… 聞こえサポート kicoeri は、そのような「聞き取りづらさ」を解決するために開発した、「世界初」の第5世代パーティション取付型双方向会話アシストシステムです。

title2.png
客困惑.png

実際にどれくらいの人たちが声が「聞き取りづらい」と感じているのでしょうか? アンケート調査をした結果、実に9割近くの人々が「聞き取りづらい」と感じており、社会課題といってもよい状況にあります。

アンケートグラフ1.png

実験によっても、マスクやパーティションによって音が遮られて音量が大きく減衰していることが確認されました。子音の聞こえに影響を及ぼす高音領域だけでなく、母音の聞こえに影響をおよぼす低音領域でも音量が減衰しています。これは静かな部屋での実験ですが、周囲の騒音もある環境では音量の減衰は聞こえに大きな影響を与えます。

パ^ティショングラフ.png

このような問題が日常的にあるにもかかわらず解決策は世の中に広まっておらず、多くの人が問題の解決を望んでいることもわかりました。

アンケートグラフ2.png

また、お客様だけではなく、接客側の現場スタッフにとっても業務上の大きなストレスとなっている現状もうかがえます。 

現場の声.png

私たちは、このような新たな日常の課題を解決すべく、 お客様と現場スタッフが安全かつ快適にコミュニケーションがとれる双方向会話アシストシステム kicoeri を開発することにしました。 

title3.png
仕組み.jpg

基本的な仕組みはシンプルです。パーティションにマイクとスピーカーを張り付けて、お客様側のマイクで捉えた音声をスタッフ側のスピーカーから鳴らし、スタッフ側のマイクで捉えた音声をお客様側のスピーカーから鳴らす、ただそれだけです。
「普通のインターホンと何が違うの?」と思われるかもしれませんが、実はこんなシンプルなことでも実現するためには高度な音声信号処理技術が必要となるため、これまで実用化された例はありませんでした。従来のインターホンとの違いについては後ほど少し詳しく説明します。

title4.png
利用シーン.png

受付や各種相談窓口、スーパー・コンビニエンスストアのレジ、病院・薬局の窓口などでご利用いただけます。窓口以外にも、職場の会議室のパーティションでもご利用いただけます。パーティションにはさんで取り付けるだけの簡単設置で、別途机の上に機材を置くスペースは不要です。特別な操作は不要で、聞き取りづらかった会話が聞こえやすくなります。

title5.png
特長.png

①自然で聞き取りやすい音

スーパーのレジ付近のがやがやしていて会話が聞き取りづらい環境を想定した聞き取り実験を行いました。耳鼻科などで聴力を測定する方法としても使用されている「語音弁別能検査」です。パーティションの向こう側の装置から再生される「ア」「メ」といった単音節を人が聞き取り、その正答率を明瞭度として評価します。それとは別に会話音声も再生して、文章としての聞こえやすさも主観評価してもらいました。

実験結果1.png

何も会話アシストが無い場合の明瞭度は56%「日常会話で内容を正確に理解できないことがしばしばある」状態でした。kicoeriを使うことで明瞭度が73%「普通の会話がほとんど理解可能なレベル」にまで大きく向上しました。比較のため他社(A社)の既存のパーティション取付型会話アシスト製品も評価したところ、明瞭度は kicoeri の方が上回っていました。また、実際の会話音声を聴き比べてみると93%の人が kicoeriの方が聞こえやすいと回答し、A社製品の方が聞こえやすいと回答した人は一人もいませんでした。

音が聞き取れるようになっても音質が変わってしまうと不自然な声に聞こえます。そこで会話音声の音質を主観評価してもらいました。

実験結果2.png

5段階評価で得点付けすると、kicoeri=3.9(良い)、A社製品=3.3(普通)となりました。両者の音声を聞き比べてみるとkicoeriの方が音質が優れていると回答した人は57%で、A社の21%を大きく上回りました。

 kicoeri によりどれくらい聞こえが改善されるのかは、実際の使用シーンを撮影した以下の動画をご覧ください。

また、kicoeriには周りの騒音の大きさに応じた「自動音量調節機能」も搭載しました。周囲が静かな時は控えめな音量で、うるさいときには大きな音量でスピーカーを鳴らすことにより、大きすぎず小さすぎず常に快適な音量で会話をアシストします。

②立ち仕事にも使える ③省スペース ④簡単取付

kicoeri の親機・子機の重量は iPhone12 miniよりもやや軽い程度。 親機と子機のマグネットでパーティションをはさんで取り付けるだけで、ハンズフリーで使える会話アシストシステムです。 従来のインターホンのように、口元近くにスタンドマイクを設置する必要はありません。今まで通りの仕事のスタイルで会話が聞こえるようになります。

取り付け.gif
title9.png

通常は、パーティションに縦向きあるいは横向きに設置します。

設置例1.png

マイク(緑色部分)は本体から取り外してマイクケーブルを伸ばして使用することも可能です。マイク後面の磁石でパーティションを挟んで取り付けることができます。視界を遮りたくない場合には、マイクは口の正面近くに取り付け、親機・子機本体を左右や上下にずらして設置することができます。

設置例2.png

なんらかの事情により親機と子機をパーティションを挟んで取り付けられない場合には、マイクだけをパーティションに取り付けて、本体は机の上に置いて使用することも可能です。

設置例3.jpg
title6.png

先に述べたように kicoeriの基本的な仕組みはシンプルですが、これを実用レベルで実現するのは簡単なことではありません。お客様とスタッフはお互いの声が聞こえるくらい近い距離の対面にいるわけですから、相手の音声はこちら側のマイクにも入りますし、相手のスピーカーから鳴る音声は相手のマイクに入るのはもちろんのこと、こちらのマイクにも入ってしまいます。こうなると、マイク→スピーカー→マイク→スピーカー→… と音がぐるぐると回ってしまい、あっという間にハウリングが起こり実用に耐えません。

インターホンの技術世代を表にまとめました。これまでに製品化されているインターホンは第1世代~第3世代のものです。少なくともスタッフ側の親機のマイクはスタンドマイクかヘッドセットマイクになっていて、口の近くにマイクがある必要がありました。また、スタッフが話す時だけボタンを押す(手動スイッチ)とか、お客様とスタッフの声が大きい方のマイクだけをONにする(ボイススイッチ)ことで、自分のマイクに自分の声以外の音が入ることを極力防ぎ、ハウリングが起きないようにしています。

しかし、このコロナ禍で聞き取りづらくて困っている多くの現場では、従来の第1世代~第3世代インターホンは不便で使いづらいものです。レジなどの立ち仕事ではスタンドマイクを置く場所もなければ、マイクに口を近づけることもできません。ヘッドセットマイクを使うにしてもワイヤレスで高価ですし、余分な装置を身に着けるので仕事の邪魔になり、電池残量も気になります。

そもそも手動/ボイススイッチ方式では、こちらが話している時は相手の声は聞こえないため、通常の会話のやりとりのテンポが悪くなり、ぎくしゃくした会話となってしまいます。また、ボイススイッチ方式は、うるさい場所やお互いの距離が近い場所ではスイッチの誤動作も起こりやすくなるため安定動作に難があります。

世代表.jpg

kicoeri は「世界初」の第5世代インターホンです。走行中の自動車の中で聞き取りづらかった前席と後席の会話を聞こえやすくする「双方向インカーコミュニケーション」を実現するために開発した、当社独自の「近接型双方向エコーキャンセラー技術」を用いることで、特別なマイクやスイッチを使用しなくてもハウリングを起こすことなく、自然な音質で、スタッフもお客様もハンズフリーで快適に会話ができるようになりました。

title8.png
仕様.png
親機.png
子機.png