kicoeriが仙台市天文台のインフォメーションに導入されました

2021年12月9日

2008年リニューアルオープン以来延べ300万人以上の入館者が訪れる人気の天文台「仙台市天文台」のインフォメーションに、ファーフィールドサウンド株式会社(本社:東京都町田市、代表:石川 洋児、以下 当社)の開発した、マスク・パーティション越しの聞き取りづらい会話を聞き取りやすくするパーティション取付型双方向会話アシストシステム「kicoeri(キコエリ)」が、2021年11月より導入されました。

【仙台市天文台スタッフの声】
「コロナ禍で、パーテーション越し、且つマスク着用でのお客様との会話がなかなかスムーズに進まず苦慮していました。当初は別のマイクスピーカーを購入し使用していましたが、特にお客様側の声が良く聞こえず困っていました。キコエリを導入してからは双方の声が聞き取りやすくなり、とても助かっています!常連のお客様からも大変好評です。また、隣り合わせの窓口に2台設置してもハウリングを起こすことなく問題なく使用できますし、混雑しガヤガヤしている館内でもしっかり声を通してくれるのがとても良いと思います。」

【お客様の声】
「これまでは声がもごもごしていてはっきり聞こえなかったけれど、これすごくいいね!ハッキリ聞こえるようになったよ!」

当社としましては、今後も、アクリル板とマスクにより会話が聞き取りづらい世の中を、聞き取りやすい環境に変えていけるように取り組んでまいります。

関連プレスリリース

目標達成_1920x1280.jpg