kicoeriがNTT東日本関東病院の全27箇所の窓口に一括導入されました

2022年6月29日

ファーフィールドサウンド株式会社(本社:東京都町⽥市、代表:⽯川 洋児、以下 当社)の開発した、マスク・パーティション越しの聞き取りづらい会話を聞き取りやすくするパーティション取付型双⽅向会話アシストシステム「kicoeri(キコエリ)」が、2022年3月、NTT東日本関東病院様の全27箇所の窓口に一括導入されました。

東京都の地域医療支援病院であるNTT東日本関東病院様(東京都品川区)に、パーティション取付型双⽅向会話アシストシステム「 kicoeri (キコエリ)」をご導⼊いただきました。病院の総合案内、中央受付、外来窓口、人間ドック受付窓口など全27箇所75台が設置されています。
マスクをして、パーティション越しでの会話は声が聞き取りづらい中、当社商品を導⼊していただくことでクリアに声が聞こえ、ストレスのない、スムーズな会話を実現するためのサポートをいたしました。

【NTT東日本関東病院ご担当者様の声】
- コンパクトながら音量・音質が素晴らしく、大変満足しています。
- マグネットでパーティションに取付けるタイプなので場所も選ばず、設置自体非常に簡単に出来ました。

【現場スタッフの声】
- 患者さんの声がよく聞こえて助かっています!

【患者様の声】
- 一目見てマイク(スピーカー)と分かって話しやすいです。

当社としましては、今後も、アクリル板とマスクにより会話が聞き取りづらい世の中を、聞き取りやすい環境に変えていけるように取り組んでまいります。

関連プレスリリース

目標達成_1920x1280.jpg