kicoeri が「つくばエクスプレス」の各駅に導入されました

2022年2月15日

ファーフィールドサウンド株式会社(本社:東京都町⽥市、代表:⽯川 洋児、以下 当社)の開発した、マスク・パーティション越しの聞き取りづらい会話を聞き取りやすくするパーティション取付型双⽅向会話アシストシステム「kicoeri (キコエリ)」が、2022 年2 ⽉、⾸都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの12 の駅に導⼊されました。

東京都千代⽥区の秋葉原駅と茨城県つくば市のつくば駅を結ぶ⾸都圏新都市鉄道株式会社の鉄道路線である「つくばエクスプレス」の12 の駅の改札窓⼝・定期券発売所に、パーティション取付型双⽅向会話アシストシステム「 kicoeri (キコエリ)」をご導⼊いただきました。

【kicoeri を設置した駅窓⼝スタッフの声】
「感染防⽌シールドとマスク着⽤により、お客様の声が聞き取りづらく、時には2〜3 回聞き直すことがありましたが、kicoeri が設置されてからは、お客様対応がスムーズに⾏えるようになりました。」

当社としましては、今後も、アクリル板とマスクにより会話が聞き取りづらい世の中を、聞き取りやすい環境に変えていけるように取り組んでまいります。

関連プレスリリース

目標達成_1920x1280.jpg